車の査定といえばガリバー

 

ガリバーは14年連続買取実績NO.1です。

 

一括査定のサイトでも、ガリバーから見積もりを取ることが可能なため、実際に見積もりを依頼した方もいらっしゃるでしょう。
見積もりから査定や手続きの代行サービスと、買取金額を依頼主に入金するまでの時間が速くて丁寧と評判が高い大手の買取業者です。

 

ガリバーで相場を知る

 

ガリバーで買取実績が高いのはトヨタのプリウスとスズキのワゴンRです。

 

例えば、ワゴンRの買取相場は2017年2月の段階で最高95万円になります。
2015年式の車種が高査定額である傾向が見られ、低くても50万円代の相場で査定されていることが分かりました。

 

ワゴンRは首都圏の幹線道路は走りやすく、まだ中古車でも需要が高いので、ワゴンRの売却を考えている方は少し参考に
してみて下さい。

 

このように、見積もりを依頼する前にガリバーの公式サイトにて自分の車の相場を確認することが可能なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

相場を見てガリバーに決めるのか、複数の見積もりと比較して別の買取業者を検討するのか、スムーズに結論が出るでしょう。

 

ガリバーは全国に展開している

 

買取業者は地域密着型と全国に展開している業者と大きく分けて2つです。

 

ガリバーは全国どこにでもお店が点在しています。
大手ということで、オークションや海外ツールも独自に発展していることから、買い取った車を無駄なく次の買い手に繋げるパイプが大きい。

 

中間業者を使わず、『業者=依頼者』という関係が成立するため、高額な査定額を期待できる率は高めです。
買い手の需要とニーズを把握している業者だからこそ、人気の車種の買取をピンポイントに行うことが可能なのです。
その反面、売り手側からするとその分買取査定額が低く設定されそうという不満があるのも見受けられます。

 

契約後のトラブルにならないために

 

ガリバーは東証1部であるため、ブランド力と信用度は他の業者に比べて高い傾向があります。
車の買取での交渉が未経験の方は、ガリバーを利用しても損をするというリスクは少ないでしょう。
契約後のトラブルなどはつきものですが、ガリバーの場合は一定期間内であれば買取のキャンセルが可能です。

 

早い段階で、ガリバーでのキャンセルについてスタッフに相談できたら、積極的に聞いて把握しておくと泣き寝入りする
リスクが回避されます。

 

分からないことだらけの車の買取ですが、スムーズに行うためにも多くの業者から見積もりを比較してから、最終的にガリバーに決めるという流れが無難です。

 

ガリバーは信用しても良いの?

 

2016年オリコンの日本顧客度満足度6位

 

『ズバット買取比較』の買取業者満足度ランキング7位

 

「車選び.com」の買取業者ランキング3位

 

と、一括査定査定サイト別でもランクインの差がある大手車査定買取業者の「ガリバー」

 

一括査定サイトの利用者の数も反映しているので、参考ぐらいにしかならないのも事実ですが、情報の共有の仕方やトラブルの回避など利用者のサポートサービスがあるガリバーは、優良な買取業者なのでしょうか。

 

車の一括査定のサイトに参加している買取業者は、厳選された優良な買取業者。そのサイトにガリバーが参加している率は
高いため、信用が高い買取業者であることは間違いありません。

 

どうして、そんなにガリバーのランクが低いのか考えてみましょう。

 

大手ゆえにスタッフの接客レベルの差がある?

 

ガリバーは全国415店舗、毎日400台以上の車を入荷販売しており、買取った車の中で中古車として需要がない場合は、
「期間限定販売」としてオークションに出品するシステムで、車の在庫管理のコストカットに成功!ガリバー独自のサービスです。

 

全車修復歴なし

 

長期保証10年

 

返品可能期間100日

 

とサポートサービスの充実さを見ると、もう少しユーザーの評価が高くても良いと思いますが、口コミを見て感じたことは、
中古車の売れ行きが良い車の買取に関しては、ユーザーの満足度が高いってことです。

 

 スズキワゴンR

 スズキジムニー

 

 スズキ スペーシア

 

 日産 セレナ

 

 ホンダ フィット

 

海外に輸出しても高額に売れる車は、査定から契約まで迅速に対応していますが、その反面、需要が少ない車だと「あからさま」に査定額を提示する傾向があるようです。

 

ガリバーを比較して、カーチスなどの中堅の買取業者では車の状態などを見て、時には優良な部品パーツとして査定しているため、高く査定額を提示していることから、ガリバーは「利益のある車」のみ欲しいというのが、ユーザーにストレートに伝わっているのかもしれません。

 

査定額を提示しない?

 

口コミを見ると、査定に来た営業マンがなかなか査定額を提示しない。という声が多かった。
「ガリバーと契約しないと、査定額を教えない。だから契約して。」という営業スタイルの模様。

 

人気の車の査定ほど強くでているようで、「車を売るまで説得する」
例え保留しても電話がかかってきたりと、悪い口コミを書いた方はこんな営業スタイルにウンザリしたんだと思われます。

 

ガリバーが一括査定サイトのランキングに6位とかランクしているのは、ガリバーを避けて別の業者に依頼してるユーザーも
いるのかなと予想できる。

 

中古車市場は今日と明日では、状況が変わってくる「その日勝負」になります。しかもオークションで売買するガリバーの仕組みを見ると、
営業マンも必死なのかなと見受けられます。

 

ガリバーを利用するには

 

結論的に言えることは、ガリバーの公式サイトから「今欲しい車」以外の車の査定を避けることでしょうか。
ガリバー以外にも大手の買取業者がたくさんあります。
もっと視野を広げるために、車の一括査定サイトで、複数から見積もりを依頼をして広く浅く、買取業者を探しましょう。

 

ガリバーの評価

 

大手の買取業者であるガリバーは、大手ならではのネットワークでユーザーが求めている車種は何か?を把握して、その車種をピンポイントで買取を行っています。

 

口コミを見てみると、利用者と業者との壁が意外に高い模様。口コミを参考にしてガリバーの評価を見てみることにしましょう。

 

 

 対応はいいんだけど。。。。

 

 見積もりの段階なのに車を買う前提で話してきた

 

 ノルマがあるのか、話が噛み合わない

 

 こっちは相場が知りたいのに、全然教えてくれない

 

 車の買取に契約して初めて対応が良くなった


 

「買取業者あるある」というものでしょうか?見積もり依頼の段階で、折り合いが合わないという口コミが多く見られ、この時にガリバーを利用しない人も多いようです。大手でたくさんのスタッフさんがいますので、誰とも相性が良いというわけにはいかないようです。

 

とある口コミには、「業者側が話す前に自分の車種や希望する買取価格を伝え、無理難題な要望をどうのように対応してくれるのかを見ることも必要」という意見もあり、主導は買取業者ではなく「自分」というように接していると、ガリバーとの相性は良かった、という結果になったという事例もあります。

 

口コミを鵜呑みにしない

 

大手だからスタッフも人手が足りないということも考慮しても、「査定の日にスタッフがこない」というのは論外ですよね。

 

きちんと設定した日に来てくれるスタッフがいる業者を探すために、一括査定サイトで見つけた複数の業者も検討してみましょう。 サービスが良くても人が悪ければサービスが悪いのと同じになってしまいますよね。

 

他に、車を買取する際に気になる点はローンの有無ですよね。
ガリバーはローンが残っている場合、「ローン残債サービス」として、買取査定額からローンを肩代わりするカタチでローンに関する問題を解決しています。逆に考えると、ローンの残債があれば買取査定額は低くなるということです。

 

「査定額が低い」という背景には、ローンを清算したということもあり得ますので、ガリバーの口コミの評価を鵜呑みにしないほうが無難です。

 

 「査定額が低い」との口コミを投稿した人の事情は異なっていること、自分に都合の悪いことは省いていることがある。

 

 「査定額が低い」ということは、ローンの残債サービスが影響しているということもある。

 

そして、ガリバーのアフターケアが充実していると視点も見られるので公式サイトと口コミと照らし合わせていろいろな情報を集めていくと良いでしょう。

 

決めるのは自分

 

買取査定の依頼の段階で相性が合わなければ、無理してガリバーに依頼する必要はありません。
これも情報の1つです。本当に納得した業者を見つけるには、時間と根気と自分の決断です。その決断が口コミ以上になるかもしれないし、逆に口コミ以下になることもありえるでしょう。